Gショック入荷情報

  • 2018.11.17 Saturday
  • 14:57

ソーラー電波時計のGショックで、最近は専用アプリでスマートフォンと連動するモデルが登場しました。

Bluetoothで接続し、バッテリー残量や行った場所の記録。

携帯電話の造作なんかもできるそうです。

リマインダー機能で記念日とか事前に登録しておけば知らせてくれます。

 

 

以下は対応モデル。

 

 

◆珍しいメタルバンドのGショック。GW-B5600BC-1JF 定価は26000+TAX

 

 

◆ブラック&ブルーの画面がCOOLなGW-B5600-2JF 定価は21000+TAX

 

 

 

 

ここからはノーマル?のGショック。

シンプルで、激しい作業にも向いているところが良いですよね!

老若男居問わないアイテムとして色んな方の仕事をサポートしています。

 

オータム限定コレクションカラーもラインナップ。

プレゼントラッピングも承ります。

 

 

◆丸顔が人気のDW-5750E-1JF 定価は11000+TAX

 

 

◆平成最後の限定秋カラーはまとめて掲載! すべてアナログ&デジタルで、ソーラー電波時計もあります。

 

ふらっとチャリ旅してきました。(三川〜西会津)

  • 2018.10.26 Friday
  • 17:29

ふらっとチャリ旅。

地元「五泉市」から三川の道の駅まで車に積んでいく。

今回は、あまり時間が無かったことと「五十島トンネル」をカットするのが目的。

 

五十島トンネルは片側通行で、工事の真っ最中でした。

 

そしてそちらに向かった目的は・・・ダム4つ攻略が目的です。

 

総距離は83kmほど。

ゆっくりスタート!

 

しかし、最初の揚川ダムはすぐそこな感じで到着。

 

◆一発目!

 

 

次の工程は国道49号線を福島に進み上野尻ダムに向かう。

ここのダムカードは西会津の道の駅で配布しているのだが、今回は時間の都合で写真撮影のみ。

次回、道の駅に行ったときにいただこうと思う・・・か、またチャリで行く。

 

ここで折り返すのだが、国道49号線ではなく国道459号線を選択する。

 

国道459号線。

1月(睦月)〜12月(師走)の名前の付いた橋やトンネルがあって、福島側から行くと12月から遡るので若返りルートとなる。

勝手に若返ってスイマセン。

 

 

◆上野尻ダムの滞在時間は3分だった。

 

 

◆県境手前の橋。(福島側)

 

 

◆そば街道の幟を横目に家路を急ぐ。

 

 

◆途中、即身仏の祀られた全海堂の前を通過。今度ゆっくり来ます!

 

 

◆豊実ダムも攻略し、阿賀野川沿いを進む。

 

 

◆若返り始めています!

 

 

◆相当若返りました!!

 

 

しばらくすると、独特な建物を発見。

奥阿賀ふるさと館というもの。

2Fの営業は今は行ってなく、1Fのみ開いていました。

従業員サンの車であろう1台が止まっていただけ。

 

鹿瀬ダムを中庭からパシャリ!

そそくさとふるさと館をあとにして、ダムカードを配布している赤崎荘へ。

 

ここは結構登ります。

しばらく登ると、眼下に広がる鹿瀬ダムが絶景でした。

 

 

◆奥阿賀ふるさと館。誰ターゲットなのかはっきりすると入りやすいかも。

 

 

◆ここは季節的に営業していませんでしたが、ロッジもあっていい感じのところでした。

 

 

◆この看板は直線距離か?倍近くあった感じ。

 

 

◆満足な景色と空気!

 

 

3枚分のダムカードの交換場所である赤崎荘。

早速ダムカードを・・・。

 

すると「営業時間外なので配布しない」と!!!!!

 

 

 

いろいろHPで確認したんだけどヤラレタ。
「9:00〜20:00 第3火曜日は配布しておりません。」
平日は15時〜らしい。
現在13時半。
しょうがない・・・次回ということで諦めます^^;;
ここに来て今日一番の坂「ま坂」でした。
とりあえず「狐の嫁入り屋敷」に寄って休憩。
背中に三角のトゲがある「きりん橋」前を通過して道を戻る。

 

 

◆きりん橋

 

 

車を止めた、三川の道の駅へ向かう。

ここの道の駅、正式名称は「道の駅みかわ巨木の里」という。

 

巨木・・・将軍杉・・・見たこと無い。

 

ということで、ラスト坂道ダッシュ!

 

少し登ると到着。

 

はじめての将軍杉。

 

デカイ!!!

 

来た甲斐ありました。

スピリチアルスポットでしょうか。

空気が澄んでいる気がした。

 

 

 

◆幹の周りは保全されている。

 

 

◆天然記念物なんですね〜。

 

 

村上の屏風まつりに行ってきました。

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 11:49

村上の屏風まつりに行ってきました。

タイトルのまんまです。

 

村上市は何度も行っているが、屏風まつりだしということで目的地に設定。

片道70km程度の道のり。

坂はほぼなし。

 

効率の良い走り方を求めて、スピードは重視せずスタート!

 

◆荒川。今まで何度も通った橋だ。

 

 

スピード<スタミナで進んでいたので疲れない。

1時間超えてもそんなに休まなくても行けちゃう。

タイマーをセットして強制的に自分を休ませる。

 

予定通りお昼の鐘と同時に市内に到着!

 

平日なのにそこそこ観光客がいた。

 


◆特徴的な町並みが残る。

 

 

◆味わいがある。

 

 


◆あの「きっかわ」さんに来たのでお邪魔してみた。

 

 

 

「きっかわ」さんといえば、村上の町おこしに尽力された方だ。

以前、奇跡体験アンビリーバボーにも取り上げられていた。

 

店内の雰囲気もいいが、奥に入るとスゴイの一言!

鮭が天井から吊るされている。

これには圧倒された。

 

そして住宅部分には屏風が飾られている。

村上には先人が残したものにスポットを当て、まちおこしを行っていた。

 


◆屏風や重箱などの貴重な品が並ぶ。

 

 

◆大量の鮭が干してあり、地元文化も感じられる。

 


◆アップ!!

 

 

◆店舗部分の什器に、現役を退いた舟を使っている。

 

 

昼食がまだだったので、鮭バーガーを食らう。

500円

天然水が汲んであったが、これもまた美味い。

水が綺麗なんだと実感した。

 

スタッフの女性たちの接客も丁度良い感じでしばしその空間を満喫した。

どのくらい経ったか・・・。

 

帰宅時間を逆算し、ゆっくりと立ち上がる。

帰路は往路よりペースを上げる。

体力はまだ70%は元気!

 

 

食と歴史を訪ねた村上旅でした。

 

 


◆冷やした麹甘酒がそそる。

 

 

◆ハンバーガーが食べたいと思ってたのよん♪

 

Rudy project ニューモデル入荷情報

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 12:09

Rudy  project ニューモデルが入荷しました。

今回入荷は全てインパクトX2の調光と偏光レンズを装備したモデルになります。

 

「インパクトX2レンズ」は弾力性のある防弾素材で、調光(色の濃さの変わる)レンズは紫外線だけでなく、可視光線にも反応してレンズ濃度を調整します。

偏光レンズは裏面に反射防止コートを施し、乱反射を抑えた視界を確保します。

 

◆ロードバイクに必須なサングラス性能を有してます。

 

 

◆ライドン-スリム(小顔の方用)

 

 

◆全体に小ぶりなので、小顔の方や女性にオススメです。

 


◆赤がライドンスリム。フロントは約ひと回り違い、テンプル長も短く設定されています。

 

 

◆下はノーマルライドン。ライドン-スリムは、明らかに小型ですね。

 

 


◆トラトフライ-インパクトx2装備モデル。過去モデルの調光はインパクトXでは無かった。

 


◆インパクトX2を装備モデルで17000円(税別)というお手頃な価格設定。

 

 

 

ロードバイクのサングラスは、なんでも良いということではありません。

視界から取り込む情報をストレスなく、広範囲の情報をどんな天候でも安全に得るためのスポーツギアです。

これは他のスポーツにも言えることだと思います。

 

激安サングラスや、スポーツに耐えられない構造のサングラスでの事故も多々あります。

劣悪品の中では「わずか1回のライド」にも耐えられず破損したものも現実にあります。

ずれ落ちやすかったり、風を巻き込みやすかったり、視界が歪んで見えるものなど・・・。

信頼できるサングラスを信頼できる専門店で選びましょう。

当店は、ロードバイクなどのサングラスに精通しておりますので、乗り方などのスタイルをお伺いしてサングラスをおすすめ致しております。

 

最後に、自分の命を守るのはご自身です。

最適な競技生活を送るためにも、サングラスは良いものを選びましょう。

 

 

 

 

平成最後の!日枝神社秋季例大祭

  • 2018.09.23 Sunday
  • 14:09

9/17〜19、地元の秋祭りに参加しました。

日枝神社秋季例大祭。

私の団体は中央辰誠会。(しんせいかい)

 

祭の流れは以下の通り・・・。

 

 

 

17日は宵宮にてお祓いを受けて、御神体を各団体の神輿に入れる。

18日は本祭。

小中学校はこの日はお休み(地域に親しむ日)になります。

街中を神輿や山車で練り歩き、夕刻商店街では四基の神輿の揉合があり終了。

 

19日は送り神輿と白丁行列。

早朝から一本下駄の天狗を従えた白丁(現在は41才の厄年の方)が各町内をまわる。

夕刻、その行列の先頭を二基の神輿が御神体を日枝神社に戻すべく全団体で担ぎ奉納する。

 

簡単に言うとこんな流れ。

 

大勢の方々のご寄付と、ご協力によって今も続く大祭です。

一人でも多くの方に、この伝統行事を知ってもらい参加していただけたら嬉しいです。

 

 

◆ものすご〜く重い。

 

 

◆お祓いを受けます。

 

 

◆白丁行列は、41才厄年の男たちのぷち同級会。

 

 

◆寺町不朽会が神輿奉納の安全管理を行います(感謝)

 


◆この祭に合わせて帰省するつわ者もいます。

 

 

友人が撮影した送り神輿の様子がまた圧巻!

腕がいいです!

色んな映像のお仕事していますが今回プライベートで撮ってくれてました。

 

 

Facebookです。

https://www.facebook.com/stb.takumi/videos/1943562949074109/

 

 

このお祭りが終わると、五泉市は秋の粧になっていきます。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM