こんなカシオの腕時計どうですか?

2019.05.25 Saturday

0

    カシオの時計が2種類入荷しています。

     

    GショックのスポーツラインであるGーLIDE。

    サーファー用に考えられているGLX -6900ssは液晶上部にムーンデータタイドグラフを搭載し、バンドのカラーリングはシャークアタック(サメの攻撃)から身を守るため「ウミヘビ柄」をイメージしています。

    バックライトにもウミヘビが浮き出ます。

     

     

    12500+tax

     

     

     

     

     

     

    メタルクロノグラフのエディフィスからスクーデリア・トロ・ロッソ・リミテッドエディションが登場!

     

    EFR−564TRはレーシングマシンのカラーリングを採用し、文字盤にはチームロゴ。

    秒針は本拠地イタリアの国旗をモチーフカラーとしています。

     

     

    27000+tax

     

     

     

     

    限定モデルですので、無くなり次第終了です!

    富山湾岸サイクリング2019に参加してきました!(当日編)

    2019.05.01 Wednesday

    0

      朝4時には目が覚めてしまった「富山湾岸サイクリング2019」当日。

      そして平成最後の大会。

      風は少し強く気温も肌寒い。

      スタートまで風を避けて体を温める。

      まあ、走れば暑くなるんだが!

       

      6時から30分間セレモニーと大会の注意がアナウンスされた。

      長い!長過ぎる!!

      体が固まってしまっては事故の元なので、もう少し簡潔にやってほしかった。

      ということで、いよいよ6:30から順次スタートした。

       

       

      ここからスタート。

       

       

      ルートは以下の通り。

      第一エイド/高岡・・・約26km

      第二エイド/氷見・・・約38km

      第三エイド/射水・・・約65km

      第四エイド/滑川・・・約74km

      第五エイド/入善・・・約111km

      第六エイド/朝日・・・約129km

      第七エイド/魚津・・・約168km

      ゴール/富山・・・約189km

       

       

      大体5〜6000キロカロリーを消費するので、ダイエットにおすすめ!

      長旅にエイドステーションがあり、水や食料の補給を受けることが出来る。

      でないと倒れてしまうからね。

       

      以下は旅の途中の一コマを撮影しながら走りました。

       

       

      高岡エイドで!薬膳サブレ。

       

       

      氷見エイド。まだまだ序盤・・・元気です。

       

       

      メンチカツがエイド食。氷見は、藤子不二雄Aさんのふるさとで、いたるところにハットリくんがいました。

       

       

      美しい富山湾の奥にうっすら立山連峰が!

       

       

      雨晴海岸から立山連峰を望む。

       

       

       

      滑川エイド。ほたるいかが肉厚でした!

       

       

      立山連峰を眼前に進む。

       

       

      入善エイド着。

       

       

      甘酒とカレーです。いろいろ食べているけど太りません。

       

       

      ここまで110km。アベレージは25.5km/h。強風にさらされスピードが出ない。

       

       

      桜の季節のライドイベント。桜の写真を撮るために止まったんだからね!

      ヘトヘトだったわけじゃないからね!

       

       

      ようやく朝日エイド。

       

       

      押し寿司とたら汁。

       

       

      しばらくヒスイ海岸を眺める。風はめっちゃ強い。

       

       

       

      大会は青いナビゲーターラインと看板で案内してあるのだが、なかなか分かりづらい。

      魚津エイドを目指す途中、ん?チャリがいない。

      ひたすら前後にチャリがいない道を進む。

      かなりの距離、強風にさらされながら一人ペダルを回す。

       

      すると前方に信号待ちのロードバイク発見!

      「良かった!なんとかなった!」心で叫ぶ。

      ”信号停車”

      するとそのチャリダーが振り向き一言。

      「道・・・違いますよね?!」

      やっぱり!!!!

       

      とりあえず地図アプリで確認し、コース復帰を目指して走る。

      40km以上エイドのない区間。

      エイドまで協力し、補給食を分け与えて先頭交代しながら進む。

       

      聞くと石川県のチャリダー。

      二人で道わからずも、なんとか最後の魚津エイドにたどり着いた。

       

       

       

      やっとついた!ここからゴールまで約20km。

       

       

      バナナとゲンゲの揚げたもの。美味しいけど脂っこい。

       

       

       

      早々に出発し、ペースを上げる。

      疲労は回復している。

      ラストスパート!!

      ちょっと親戚のお店に顔だす寄り道をしながらも、制限時間内に無事ゴール。

       

      最後は競輪場を1周してゴールしたのだが、ゴール看板がなくてどうしたら良いのかわけわからん。

      ゴール後の案内が全く無いので、周りの方と同じくそのままチャリを置いてゴールのエイド食をいただく。


       

       

      ゴール後のエイド食。完走証の案内がまったくなかった。

       

       

       

      駐車場で待ってたメンバーのところに行ってそそくさとチャリの積込作業。

      もう、疲労困憊。

       

      そして完走証を貰ってないことに気づく。

      てか完走証なんてあったのか!会場内でも案内まったくなかったぞ!

      ※後日連絡したら後ほど送ってくれるとのこと。(平成中には届きませんでしたが)

       

      細かい部分の運営の課題はいくつか見受けられたが、富山の美しい海を眺めながらほぼ平坦のライド。

      強風にさらされながらも雨に打たれる前にFINISH出来たのでよし。

      何よりも、オッサン3匹旅がおもいのほか爆笑旅だった。(ここでは言えないくらい)

       

       

      令和元年。

      次回ライドはどんな旅になるだろうか。

      1