RUDYPROJECT限定企画!

2017.02.26 Sunday

0



    これは何かというと、メガネレンズを研磨するマシーンです。
    この度、より精度の高いものに入れ替えました。
    まあ、マシーンを使う人間の経験の方が大事だったりしますが!


    【ロードバイクシーズン前・限定企画】
    2017-2-26(sun)より、イベント企画スタートします!
    15000円以上のRUDYPROJECTのサングラス購入でプレゼントいたします。(3/31ご注文分まで!)
    沢山用意はしたのですが、数に限りがありますので、お早めにご来店下さい。

    店頭購入
    ロードバイク用の「保冷ボトル」プレゼント!(okgカブト)

    通販の場合
    RUDYPROJECTの4ファンクションマルチツール」プレゼント!

    進め!チャリ部!〜そこに道があるかぎり〜<第31話>八十里越え

    2017.02.13 Monday

    0

      林修の「峠」王はキミだ!!

      そんなクイズ番組が年末にオンエアされた。
      チャリ部部員も数名が、サイクルジャージ姿でこのクイズ番組に挑戦。
      見事に撃沈された…。
       
      【司馬遼太郎の「峠」】
      司馬遼太郎の「峠」に描かれた「八十里越え」は、下田から只見に抜ける道で八里ほどの道なのだが、とても険しく一里が十里に感じることからついた名称らしい。幕末、戊辰戦争で新政府軍から敗走した旧幕府軍の河井継之助が重傷を負いながら越えた峠である。
      そんな八十里越えの話を持ってきたのはやはりシュン。
      工事で通れなかったらしいが、バスツアーなども行っているので行けるところまで行きましょうというもの。
      一抹の不安がよぎる。

       
      もうすっかりお馴染みの2人で、先頭交代をしながら快調に進む。
      最初のポイント「漢学の里しただ」という道の駅に到着。
      ここで、普通にアイスクリームを食すシュン。今は11月…身体が冷える。
      私はカレーカップヌードルを食して暖をとる。
      次はいよいよ大谷ダム、そして八十里越えと続く。
       

      ◆この選択が天国か地獄か?!


      大谷ダムで休憩。
      ここは、レストランあり広場ありで、結構アミューズメントなダム。
      ここのダムカードはゲットしているので寄らなくても良いのだが、紅葉が結構綺麗だったので景色を愛でる。
      しかしこの時、景色にばかり見惚れて大事な情報(看板)を見逃していたことは後で知ることになる。
       
      ◆グラビア撮影と称してシュンにいじられる。
       
      ◆何なのさ!このポーズ!

       
      ダムを出発し、八十里越えに向う。
      ダムの奥をさらに登る!
      トンネルを通過し山深い所の象徴であるスノーシェッドも通過、すると目の前に…。

       
      「通行止め」の看板…ガッデム!結局ここで引き返すことに。

       
      とりあえず、ダムの麓まで逆戻り。
      色々あーだこーだ調べる。
      時間もちょうど昼時だったので、話題はラーメンに。(カップ麺食べたのに…)
      シュンおすすめの「しゃがら三条店」へGO!
      途中、消雪パイプの点検で放水を浴びながらライド。
      泣きっ面に蜂とはこの事!
       
      これで定休日だったら…。


       
      そこは大丈夫でした(ホッ)
       
      ◆これを先に見つけていれば…。

       
      ラーメン屋入店後、メニューにビックリ!
       
      大盛りが10円増し。
      特盛りが20円増し。
       
      二人共特盛りに餃子を注文。
      食いすぎだ!オーバーカロリーだ!
       
      帰りはコイツを騙してやろうと復讐を誓う。
       
      ◆イイネ大盛り!美味しかったです^^

       
      今日の練習は「坂ありの100kmライド」だったので、下条川ダムを提案する。
      ここはそんなに急勾配ではないし面白いところだから行こうと!

       
      行きは、ほとんど斜度のない方から侵入しダムを目指す。
      民家の間を抜け、山道に突入。
      湧き水が流れる岩面を左に曲がると…もうダム到着!
       
      凄まじく楽チンにミッション終了。
      余裕のシュン。
      しばらく吊橋や釣り客を眺めながら散策する。

       
      時間も時間なんで、近道を提案してスタート。
       
      その近道は、約1kmの激坂区間。
      シュンが後方で、騙された〜!!と叫ぶ。
      フフッ…もう登るしかあるまい!

       
      登坂後、コンビニで休憩してアイスクリームを食す2人。
      シュン、あまいぞ!このアイスクリームぐらいあまいぞ!!
      峠王には程遠いぞ!!
      彼に、この一里はどのくらいに感じたのだろうか?
       
      してやったりではあったが、実はシュンが練習コースとして気に入ってしまったので、次の犠牲者が出ないことを祈る今日このごろであった。



      〜第32話に続く〜

      進め!チャリ部!〜そこに道があるかぎり〜<第30話>メガ盛りカツ丼を食しに。

      2017.02.10 Friday

      0

        「新潟にあるメガ盛りカツ丼って知ってますか?」

         

         

        これがシュンの第一声だった。
         

        意外と大食いで早食いの私は、興味をそそられついつい話に乗ってしまう。

        そこは新潟大学前にある「とんかつかねこ」という店。そこの、チャレンジ丼が凶悪なんだとか!

        という事で、カツ丼好きのシュンと二人、とんかつかねこ経由の110km二人旅に旅立った。

         

         

        豊栄方面に走り、JRA新潟競馬場・新潟空港を経由しとんかつかねこの流れ。

        競馬場のコンビニで補給食の購入のためしばらく休憩。
         

         

        店員「今、スピードくじやってます!どうぞ!」

        私「ゴソゴソ………はい!」

        店員「おめでとう御座います!コーラ500mlです!でも、チャリだと厳しそうですね〜」

        私「…いっ、今飲みます!!」

         

        結構、お腹いっぱいな感じでコーラを飲み干す。

         

        シュン「これからカツ丼なのに、良く飲めますね!」

        私「だって勿体無いじゃん!そういう風に育てられたの!文句あっか〜!」

        シュン「辛くないんすか?」

        私「…辛い」
         

         

        シュンの優しさで、長めの休憩をとりスタート。

        新潟空港へ向う。

         

         

         

        空港と自転車。

        あまり関係ないようだが、遠くに遠征する際は空輸が必要になる。(高いけど)

        専用BOXにいれて輸送する。(高いけど)

        いつかそんな遠征ができる様になりたいものだ!
         

         

        ◆国際線…あっ、パスポート忘れた!!
         

         

        ◆空港はこの時期(11月)寒いね。

         

         

         

        新潟空港を出発して、海沿いの道をひた走る。

        風が強い。

        風力発電のプロペラがフル稼働中だ!

        マリンピア日本海(水族館)でしばし休憩。

        休憩中、置いてたサングラスが風に飛ばされレンズ下部を強打!
         

         

        「あちゃ〜」
         

         

        レンズむき出しの部分が、少しばかり傷んだ。

        心も痛んだ。

        完全に油断してた…。

         

        やっぱフルリム(枠でレンズが囲われてる)の方が良いのか悩む。
         

        フルリムは視界が狭く感じるので、ロードにはあまりおすすめしないのだが強度はある。

         

        色々悩んだが、シュンの「しょうが無いっよ〜」で片付けられた。

        シュンには関係ないようだ_| ̄|○
         

         

        ◆奥に風力発電のプロペラ…小躍りするシュン。

         

         

         

        10kmほど走り、とんかつかねこに到着。

        ここまで約65km。

        あとは食って帰るだけ。

        しかも、半分以上の道程を来ている…何たる余裕!

        今日は爆走せずに済みそうだ^^
         

         

        さて、お品書きに目をやると、色んなものがメガ盛りだった。

        カツ丼はもとより、カレー・オムライス・まんぷく定食など。

        1kgを超えるようなメニューばかりだ!
         

         

        店内は以外にも女性が多い。

        てか、ほぼ女子大生ばかりだ!

        この子達、こんな量食えるのか?と考えていると、店員さんがオーダーをとりにきた。
         

         

        シュン「三段かつ丼。」

        店員「三段かつ丼、一つ。」

        「えっ?チャレンジ丼じゃないの?」

        シュン「いや、亀山さんは逝ってください!」

        店員「…」

        私「…食えますかね?」

        店員「かなりですね〜」

        私「でも、結構食べる方なので、チャレンジします!」

        シュン「マジで〜!!」

        私「おめ〜が連れてきたんだろ!」

         

         

        シュンは逃げたが、ここはメインイベント!

        しばらくすると、二人のカツ丼が運ばれてきた…。

        三段かつ丼は、その名の通り三段になっているのだが、チャレンジ丼は五段…。

        果たして本当に完食できるのか?ゲートは開いた!
         

         

        ◆三段かつ丼…これでも結構あるね(汗)
         

         

        ◆ど〜ん!!チャレンジかつ丼…。
         

         

        ◆スヌ!無理かも(泣)
         

         

        ◆おっしゃ〜!漢は気合だ!!
         

         

         

        何とか完食!

        結構ギリギリのチャレンジだった。
         

         

        残す距離は40km弱の帰り道。

        チャリの前傾姿勢が辛く、吐きそうになるのをぐっと堪える。

         

        無事、時間内に完走はできたのだが、当然その夜は晩飯抜きであった。

         

         

         

         

        【今回は頑張ったのでCM】

        レンズを傷めたタイミングで、新しいRudyProjectのサングラスがお披露目された。

        その名も「フォトニック」
        フレームバー、レンズ、ダンパーパーツと異なる素材で構成されている。

        ダンパーが脱落時の衝撃からレンズを保護してくれる。

         


        あの時、ダンパーがあれば!!

         

        なんでこのタイミングで発売されるかな〜!欲しくなるじゃん!!
         

         

        名前絵の由来は、フォトニック結晶から来ているのかまでは分からないが、このサングラス…レンズ部分がワンクリックでベント構造が露出し、エアロ効果を発揮する!! ※ここが凄い

        テンプル部分は、一眼タイプの「トラリクス」と同型のデザイン(耳掛け部分の調整はトラリクスのみ)
         

         

        あ〜!ダンパーがカッコイイ!!

        しかも、外しての使用も可能と来たら買いでしょ!
         

         

        ◆ノーマルのスモークレンズとミラーレンズ!
         

         

        左 フォトニック/ブラック(スモーク)

        中 フォトニック/イエローフルオ(マルチレーザーオレンジ)

        右 フォトニック/クリスタルグラファイト(マルチレーザーブルー)
         

         

        ◆調光レンズ(紫外線量で色が変わる)向かって右側のみ20秒間紫外線を照射。
         

         

        調光タイプ

        フォトニック/ブラックレッド(インパクトX2-調光ブラック) ※写真のカラー

        フォトニック/ブラックライム(インパクトX2-調光ブラック)

        フォトニック/クリスタルグラファイト(インパクトX2-調光ブラック)
         

         

        ◆限定カラーも登場!「スモークレンズ」と「クリアレンズ」2組が付属しています。
         

         

        限定モデル

        左 フォトニック/限定カーボン(スモーク・クリア)

        中 フォトニック/限定ホワイトカーボン(スモーク・クリア)

        右 フォトニック/限定ミラーガン(スモーク・クリア)

         

         

         

        ダンパーが明るい色だと印象も明るく、暗い色だと強いイメージになるかと思います。

        調光レンズはインパクトX素材なので、通常の調光レンズより素早い調光と、圧倒的な強度を誇ります。

        レンズ部分の可変によっても雰囲気が変わります。

         

         

        【総評】

        実用的なのにオシャレでバリエーションに富んでいる、価格も抑えられたスポーツサングラスといえます!

        オススメです^^


         

         

         

         

         

        〜第31話につづく〜