ロードバイクのバーテープを巻いてみた(襷掛け巻き)

2020.10.18 Sunday

0

    バーテープがずれてきていたので新しく巻きなおそうと一念発起!

    面倒というよりちょっと不安。

    それは、毎回巻いたときにちょうどいい感じで終わらない(テープが足りなくなる)から…。

    巻き方も色々あるんですが、今回は襷掛けで巻いていこうと思います。

     

    それは、今回選んだバーテープが「コルクタイプ」なので少し厚みがあるんですよ。

    そうすると、隠しテープで巻いていくとSTIレバー(カンパはエルゴパワー)周りが、巻き方が悪いのか分厚くなるので!

    襷掛けの方がバーテープの余裕もありそうだし。

     

    今回はチネリの白黒。パンダカラーで!

     

    【用意するもの】

    ・バーテープ

    ・はさみ

    ・ビニールテープ

    ・両面テープ

    ・シール剥がし液(あると便利)

     

     

    1)先ずは古いテープを外す。

     

     

    2)固着した両面テープや汚れをきれいに落とす。

    3)ビニールテープで配線をすっきり巻き止め、重なったりしないようにする。

     

     

    4)両面テープを裏表に張り付ける。(ズレにくくする為)

    5)ハンドルの裾の方から巻き始める。この時、巻きはじめを半分くらいのりしろを残して、下から上に!外から内に巻き始める。

    6)最後巻き終えるところでハンドルと直角になるようにバーテープの端10cmほどを切る。

    7)巻き切った端をビニールテープで補強。

    8)化粧テープを切れ目が後ろ側になるように巻く

     

     

    完成!

     

     

    実際、何度も巻きなおしました。

    妥協も必要か?!

    引っ張りながら巻いていくんですが、引っ張りすぎてちぎれないように注意しましょう^^;;

     

     

    【一連の流れはYoutubeでご覧下さい】

     

     

     

    #ロードバイク

    #バーテープ

    #巻き方

    #襷掛け巻き

    #手順

    #チネリ

    #コルク

    #新潟華眼鏡

    #亀山時計店

    #五泉市

     

    コメント
    コメントする