六十里越ライド(前編)

  • 2018.08.03 Friday
  • 15:16

六十里越とは、一里が十里に感じられるほど厳しい山道ということに由来する。

戊辰戦争のころ、河井継之助が会津に向かうため通ったと言われている。

途中、河井継之助のお墓などもある。

 

その厳しい山岳コースを「ヤス」と二人で周る。

総距離225km!

五泉から、下田〜栃尾〜入広瀬〜田子倉〜只見〜西会津〜五泉と一周するプラン。

 

万が一のために輪行バック(電車に乗る場合のユニット)を装備してのライド。

 

それに加えて私は背中に「予備タイヤ」を突き刺して走る。

 

ヤス「何を刺してるのかと思った(笑)」

私「うるさい!バカにしやがって^^;;」

ヤス「ははは!!!」

 

 

使わないのに越したことはない、背中のポケットに入り切らない飛び出したタイヤを抱えて走る。(ヤス爆笑)

 

 

 

朝4時にスタート!

辺りは暗かったが、30分もするとライトもいらない明るさとなった。

 

風はほぼ無風。

栃尾までほぼノンストップで走り切る。

栃尾の道の駅までは、ゆっくり走りながらも2時間程度で到着した。

 

六十里トンネルを超えると、そこはもう福島県だ!

最大の難関を制圧した我々は、その記念碑の前で眼下に広がる絶景に感動するのであった。

 

ここからしばらくダウンヒルになる(苦手)

 

 

絶景に感動しました!

 


田子倉ダムのソフトクリームは絶品でした!食すべし!

 

 

無事ダウンヒルを終え、河井継之助のお墓参り(ヤス希望)済ませると、旅前に後輩から聞いた「炭酸水」が湧き出てるという場所に向かう。

しかし、今年の猛暑!!

天然の炭酸水の井戸も干上がってました(><)

 

しょうがなく自販機でコーラをガブ飲みする我々。

ヤスは超残念そうだ。

一気に脱力感が襲う。

 

とりあえず、旅メシを求めて走り始めた。


あ〜あ。

 

 

西会津でお昼と思っていたが、お墓参りやダムカードや観光・・・と、アトラクションが多すぎて予定が狂う。

とりあえず昼食に只見の道の駅に入る。

結構混んでいて待つ感じ。

これにより、更に計画にズレが生じた。

 

お蕎麦を食し、後半のライドの打ち合わせを軽くして再スタート。

時間は12時過ぎ頃であった。


ざるそば大でパワー回復。

 

 

<<後編に続く>>

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM