いい汗 いい食 江南健幸ライド2019参加して来ました

  • 2019.09.27 Friday
  • 11:36

いい汗 いい食 江南健幸ライドとは、新潟市江南区のライドイベント。

ロングコースでも40kmというもの。

なので、地元から往復52kmほど追加して、トータル92kmのサイクリングに!

 

天候は晴れ。

快晴。

いや、酷暑・・。

9月上旬だから残暑かな。

 

距離が短いのでお子さんも多数参加してました。

 

 

ピクニック気分で。

 

 

藤五郎梅のジュースを北方文化博物館で振る舞っていました(参加者限定)

 

 

参加費も2500円と激安!

 

ただし補給はコンビニも寄りながらでしたが・・。

猛暑の中、水分補給が出来ないエイドもあってコンビニでアイスを食しました。

兎に角、無事に全員が完走!

 

みんなエアコン効いた室内でまったり。

私は一人、午後から出勤のため帰りました。

これが一番疲れたかも^^;;

 

 

この大会は、子供や女性の方が多くて自転車競技の裾野の広がりを感じました。

まずはスタッフの皆様に感謝申し上げます。

ロードバイクで単走「正善寺ダム」へ(日帰り)

  • 2019.08.17 Saturday
  • 09:57

久しぶりに「ダムカードGET」のためにロードバイクにまたがる。

行き先は上越市にある「正善寺ダム」
非常に遠いことは間違いない!
達成すれば過去を超える新記録になるだろう。
※過去最高は約240kmの鼠ヶ関。
こんなことに付き合うだろう仲間はいないので、単走で上越市を目指す。
この旅が、過去一番つらかった奥三面川ダムに匹敵するほどの修行になるとは…。
朝5時出発!
輪行バックを持つか悩んだが、重くなるので装備から外す。
その代わり、タイヤ2本とチューブなどのパンク修理は万全に!
外はまだ涼しい。
まずは冬鳥越を越えて加茂市内を通過。
大河津分水を過ぎてから山越えを行い海を目指す。

 

暫く行くと、寺泊の海に出た。


海!

 

 

良寛記念館の直ぐ側にある、石井神社。良寛の父親が神職を務めてたという。

 

 

石地海岸にて休憩。潮風などから家屋を守るためであろう高い板塀。

近くには、海岸沿いでは珍しい「わさび園」があった。

わさび丼、わさび蕎麦、わさびアイス…今度是非行きたい。

 

 

石地海岸から海に目をやると、亀の頭?のようなところ観音岬に建つ「椎谷鼻灯台」が見えた。

あれを超えれば「柏崎刈羽原子力発電所」でその先が柏崎市街。

目指す上越市は更にその先…。まだ旅の全行程4分の1程度。

 

 

鯨波の交差点でクジラと写真撮影。

お口の中は涼しそうです。

ここまでメーター表示は約90km。

最大の難所。米山越えはこれからだ!

 

 

米山越えは、車歩道や路肩が十分にないので、走るには相当慎重を期する。

ある程度の体力と、判断力がないと難しいルートだ。

次回は迂回路を考える必要がありそう。

 

なんとか米山の海岸沿いを通過し、柏崎の中央海水浴場を望む坂道で休憩。

ここでちょうど100km!

 

空き地で寝そべっていると、近所のお母様が冷えたバナナの差し入れ!

ありがたい。

しばらく下越地方の話とこれから行く上越市の話で盛り上がる。

鋭気を養い、再スタートする。目標地点はもう少しだ。

 

 

上越市の高田は、さすが城下町!

道を何度も間違える!!
まあ、いつものことですが…。
さあ、ついにダム登り口に到着!ここまで約130km。
そしてここから約6km上り!
高田城や春日山城に行く体力は残っているのだろうか?
猛暑がスタミナを消耗させる。
いつもならこの程度と思う斜度に悪戦苦闘。
無理せずに登る。
休む。
登る。
休む。
登る…。
これを繰り返し、ついに!!
到着しました「正善寺ダム」
しかし何かおかしい。
…。
ダムカードを配布する管理所のシャッターが閉まっている。
ダムにいたチャリダーに話を聞くと「定休日」とのこと。
市内の「上越観光物産センター」に行かなければダムカードは貰えない!
実は、上越妙高駅〜高田城経由で柿崎川ダムを落とそうと考えていたのだが、柿崎川ダムも当然お休みなので、先にダムで撮影して観光物産センターに戻らなければならない。
もはやその体力と気力が無いので、今回は諦めることにした。
しばらくエアコンの効いた建物内で休憩をとり、今後の予定を整理する。

 

正善寺ダム湖。超絶気持ちいい!とてつもない達成感。(幻想だったが)

 

 

ダム管理所がやってなかったので、ダムに来た証拠撮影をする。

 

 

ダムカードGET!スタンプラリーやってるようです。

 

 

今後のルートは検討した結論は「帰宅」

観光物産センターで正善寺ダムカードのみGETして家路につく。

 

しかし、この猛暑!

暑さが体力を奪うので、行ける所まで行って暑い時間は少し休む。

コンビニで凍ったアクエリアスを両脇に挟んで走る。

へんてこな熱中症対策。

 

そう、あとは帰るだけなのだから。

 

 

帰りは最短ルートの山の中を走る。

それから色々頑張って、道に迷いながら走る。

工事による迂回指示が多く、近道だったのかは甚だ疑問だった。

 

19時着予定が21時着になってしまいましたが無事に帰宅!

 

その日の夜はフットサルの練習日だったが練習もお酒もキャンセル。

シャワーを浴びて、泥のように眠り気づいたらもう朝でした。

 

 

体が痛い。

まだ若いのかな?

次の目標?

当然!頂いた「にいがたダムスタンプラリー2019」を見ながら研究する。

 

 

 

今回の走破距離は:約277km。

所要時間:約16時間(乗車時間:約12時間)

単走でよくやりました!!

カブト虫ライド

  • 2019.08.15 Thursday
  • 15:25

先日、地元夏祭りで使用する昆虫を求めてある場所へ。

先輩が自動車で向かうというのに我々はロードバイクで行くというチャレンジ!

チャリはヤス・シュンと私の三人。

何故かはわかりませんが、気候がそう駆り立てました。

 

 

 

途中、道の駅などで休憩をしながら猛暑の中を進む。

ここではソフトクリームを食した。

 

 

 

腹が減ってはなんとやらということで「うどん一(はじめ)」に入店。

冷やしのうどんを食して後半に備える・・・が、まさかのシュンが脱落!

先輩の自動車に回収されてしまいました。

カブト虫より早く捕まるという大失態!

猛暑と久しぶりすぎたのが敗因(本人談)

 

ここからは、ヤスと二人で真剣モードで突き進む。

AVE:35km/h

強風の中きついっす!

 

すると、ついに発見!カブト虫ののぼり旗!!!

 

意外と近かった。

 

 

 

 

そこはゲージに囲われた、カブトムシ農場のよう。

中にはカブト虫がいっぱい!

先輩はおりの中で夢心地なひとときを味わう。

 

いきものがかりは、世話も大変だがいきものがかりの先輩の世話も中々だった令和の夏。

 

シュンと夢ここちな先輩を置いて、我々二人は帰路につきました。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ブログ村

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM